メニューをスキップして本文を読む
人と自然にやさしいみえの安心食材表示制度
人と自然にやさしい生産方法で作られた農畜産物やキノコを認定しています。
生産情報検索
認定マークにある
登録番号を入力してください。




ご利用のパソコンによって実際のお名前等と異なる文字(字形)で表示されることがありますのでご了承ください。
 トップページ > 制度説明 - みえの安心食材とは

みえの安心食材とは

人と自然にやさしいみえの安心食材表示制度とは
 消費者の皆さんが安心して県産品を購入していただけるよう、県内の生産者が環境に配慮した生産方法、食の安全・安心を確保する生産管理により生産した農畜林産物について、生産方法や生産履歴を第三者機関が確認し、要件を満たした生産物に「みえの安心食材」マークを表示する『人と自然にやさしいみえの安心食材表示制度」(通称:みえの安心食材表示制度)として平成14年度に創設された三重県独自の制度です。
みえの安心食材の特徴
ポイント1 1.人と自然にやさしい

○農産物では、堆肥などを使った土づくり、化学農薬を減らす工夫や努力をしています。

○キノコ類では、化学農薬は使用せず、基準に適合したきれいな水を使って栽培しています。

○鶏卵では、生産現場での衛生管理の向上に努めています。

人と自然にやさしい
ポイント2 2.生産者の顔が見える

○「みえの安心食材」マークの登録番号をホームページ上で検索すると、生産者や栽培方法に関する情報等を見ることが出来ます。
生産者の顔が見える
ポイント3 3.きちんとチェック

○生産方法や栽培履歴について、第三者機関である公益財団法人三重県農林水産支援センターが栽培履歴記帳の確認や現地調査を行うなど、厳しくチェックしています。
きちんとチェック
公益財団法人三重県農林水産支援センターの役割
この制度において三重県農林水産支援センターは、中立的な第三者機関として、登録生産者の生産方法や栽培履歴についての確認行為を実施し、要件を満たした生産物に対して「みえの安心食材」マークの表示を認定しています。
「みえの安心食材」マーク
▲「みえの安心食材」マーク
人と自然にやさしいみえの安心食材表示制度
 
制度制定 :三重県
認定審査機関 :公益財団法人三重県農林水産支援センター
 〒515-2316 松阪市嬉野川北町530
 TEL 0598-48-1227(需要創造課)